カードローンの審査に落ちた…その理由とは?

カードローンを利用する為には、まず審査を受ける事になります。審査を受けて通れば、カードローンの利用が可能となりますが、審査を受けて落ちてしまうという人も珍しくありません。審査に落ちた場合、まず落ちた原因を考えてみる事が大切です。原因が分からないまま、他の業者で審査を受けた場合、また落ちてしまう可能性があります。

審査では、年収や雇用形態、勤続年数等、様々な条件が審査基準に達しているかを確認していく事になります。基準に達していなければ落ちてしまう事になりますが、基準というのは業者によって異なります。一般的に大手メガバンクは基準が高く、地方銀行や消費者金融は基準が低めに設定されているとされますが、明確な審査基準を公表している業者はない為、年収等に不安がある場合、口コミ等で、同じような条件で審査を受けた人が通ったかどうかを確認しておく事がおすすめです。

年収等に問題がないのに、カードローンの審査に落ちた場合は、信用情報について考えてみる事がおすすめです。借入をしていなければ信用情報には何も記載されていないと考える人は少なくありませんが、他のカードローン返済や奨学金の返済、携帯電話の支払い等の情報も記載されており、返済や支払いに問題があれば、その事が原因で審査に落ちる事もあります。

カードローンの審査に落ちた場合、問題について考え、このまま続けて次の業者を受けても問題がないかどうかをしっかりと確認しておく事が大切です。