カードローンの審査と難易度の見極め方

単純な見極め方として消費者金融と銀行の比較方法があります。難易度として低いのが消費者金融になり、高いのが銀行と判断することができます。ただ最近の銀行カードローンは保証会社に消費者金融が付いていることで、以前と比べると随分と借りやすくなっています。金利の面において銀行カードローンは優越がありますので、まだどこからも借りたことがない人であれば、銀行カードローンを優先順位上位にしておくのも良い判断です。

審査の難易度というのは、ほとんど申し込みをする人の属性によって左右されてしまいます。たとえばどこからも借りたことがなく、安定した収入があるのであれば、消費者金融も銀行もほぼ同等の基準で審査を受けることになります。しかし借入が多くなると審査とは別の観点から貸金業者を比較しなければならなくなります。それこそ総量規制です。

年収の3分の1以上は借りることができない規制になり、主に消費者金融と信販会社に該当しています。総量規制によって消費者金融や信販会社に申込みができない場合は、銀行にしか頼ることができなくなります。かといって銀行でスムーズにキャッシングができるようになるのかと言えばそうではありません。借入件数と金額によっては、厳しい結果になるでしょう。

難易度としてあるのは、消費者金融は借入をしてもらわなければ営業を続けることができませんので、銀行と比較してみれば借りやすいですが、総量規制の問題もあることを頭の片隅に入れておきましょう。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら